不登校から見えてきた未来 by 子連れ狼旅日記

自宅警備員中の息子とアラフォー母の転職記

不登校になって~家庭と育児と仕事と~

何のために仕事をしているのか

 

時々分からなくなる

f:id:hikaru-ko:20200723151402j:plain

年末に心不全を起こした父が入院し

 

もちろん面会時間までに、仕事が終わるわけでもなく

 

父の身体も心配

兄者の学校も心配

弟君の様子も心配

 

すべてが中途半端に感じていました。

 

おまけに、毎日帰りが遅いのは

恐らく義実家にもバレバレです。

ううう・・・昨年の二の舞やないかい・・・

 

 

www.kozure-ookami.xyz

 

それでも目の前の仕事が消えてくれる訳でもなく

とにかくひたすら、こなすしかなくて。

 

年末だからか寒い時期だからか

救急病院も混雑しているようで

大部屋が空かないため、

父もずっと個室に入院していました。

 

この病院が救急指定だからか

個室と言ってもソファーとシャワーしかついていないのに

室代が1日8000円もするんです( ノД`)シクシク…

 

かと言って平時に帰れないため、食事の管理もままならず

それならば入院していた方が安心ということもあり、

仕事が終わる1日前、12月30日に

長女に迎えに行ってもらうことに。

 

この時は特にひどく

年末は連続8日間勤務(法律違反やぞ)

もう意地とやけっぱちで仕事の鬼と化していました。

 

残業代、休日出勤代が

すべて病院代で飛んでいきました・・・

 

もうフラッフラで仕事納めをし

私が入院するんじゃという足取りで家に帰り

定例の義実家への年末のご挨拶。

 

退院ホヤホヤの父を伴い、

足取りもおぼつかない中、かわいそうですが

寒い冬の中出陣していきました。

 

もう玄関先でご挨拶。

もう父の入院はバレているものと思っていた私は

「昨日退院したばっかりで本調子ではないので・・・」

と早々に辞退表明すると

「入院してたの⁉聞いてないわ・・・・※§〇±ΓΔΨ!」

 

あああシマッタ(-_-;)

 

きつくて判断回路が鈍ってたんだな・・・・

 

玄関口で吠え立てる義両親でしたが

さすがにヨタヨタしている父をみて慌てたのか

「そんな状態でどうしてきたの!バカじゃない!」

とこれまた優しさなんだか労りなんだか(多分違うと思う)

よくワカラナイ言葉を投げつけられ

 

「はい、ですので明日の新年会、

父は欠席させていただきます」と告げると

アッサリOK。

よっしゃ(・∀・)

 

帰り道、父から

「いやーお前でかした。明日行かなくていいんだなー。

本当に助かる」と超嬉しそうな父上。

 

またこの日の大晦日は主人が夜勤で不在!

 

もうやっほい♫やっほい♫な気持ちです(笑)

 

子ども達は一足先に姉の家に行き

カウントダウンをするということで送っていきました。

 

 

家は私と父だけ。

鰻とすき焼きがちょこっと乗った簡単なお弁当を買い

二人で大晦日を過ごしました。

 

毎年大晦日の夜は義兄が酒を飲みに我が家へ来るので

父は気を使い、部屋から出てきません。

 

父と紅白を見るのなんて、十何年ぶりだろう。

 

父と二人でいるときは、私も子供に戻れる。

 

何も気負わなくていい。

ゆっくりとした、のんびりとした

心から幸せな時間でした。

 

そして、父と過ごす

最後の大晦日になりました。