不登校から見えてきた未来 by 子連れ狼旅日記

自宅警備員中の息子とアラフォー母の転職記

~お詫びとご報告~

毎日更新を目指して続けていたブログでしたが、

同居している父が急逝し、途絶えてしまっておりました。

f:id:hikaru-ko:20200601151838j:plain

2年前に胃がんを患い、

全摘出の1年後に肺に転移が発覚しました。

半年以上抗がん剤治療を続けていましたが、

これ以上は意味なしと主治医に告げられ

それならばと緩和ケアに移行したのが4月。

 

その時余命3ヶ月と告げられました。

 

そのことは父には言えず

通院でもう一度元気になろうね、と話しながら

大好きな釣りに行くことを

兄者や弟君と楽しそうに話しながら

5月の半ば、駆け足で逝ってしまいました。

 

あまりにも急な別れに

気持ちが追い付けず

パソコンを開くことさえできませんでした。

 

 

最後、在宅で看取りとなったときに

支えになってくれたのは子ども達でした。

 

精神的にもそうですが、

現実問題、動けなくなった父は抱えることさえ難しく

子ども達の力を借りねば無理でした。

 

また失意の中、寄り添ってくれたのもまた子ども達でした。

 

子ども達が巣立つ姿を、一目父に見せたかった、

今はそれだけが残念です。

 

 

高校で不登校になった兄者は現在、まだ家に居ます。

 

先日ようやく原付の免許を取りました!

 

カンタンなことですが、

兄者にとっては大きな1歩です。

 

 

少しづつ進み始めた子どもの姿に元気をもらい

また、私も進んでいけたらと思います。