不登校から見えてきた未来 by 子連れ狼旅日記

自宅警備員中の息子とアラフォー母の転職記

バイト、初出勤!

自分で選んだ新しい道

 

子どももドキドキ

私もドキドキ

f:id:hikaru-ko:20200905174329j:plain

今日はバイト初日。

 

先生にも報告をすませ

心機一転のスタートです。 

 

1週間は研修期間ということで

10時から17時まで。

 

朝、元気いっぱいに起きてきました。

 

シャワーも浴び

余裕を持って準備をしている様子にビックリ。

 

・・・別人じゃん・・・

 

いや、嬉しいのですが

今までと全く違う様子に少々面食らってしまいました。

 

一つは朝がゆっくりというのも良かったのでしょう。

 

兄者は朝は苦手です。

 

先生のところは7時開始だったので

けっこうしんどかったらしく。

 

今度のところは、早くても9時スタート。

 

無理せずスタートできるこの時間帯は

思っていた以上に、大事でした。

 

また朝ごはんも控えめにしている兄者。

 

「しっかり食べたほうがいいんじゃない」と言うと

お腹をこわしやすい事を心配しているようで。

 

油物を避け、干物や納豆などあっさりしたものしか

朝は食べなくなりました。

 

それは今も続いています。

 

夜中にラーメン食べたり

ウインナーやハムが大好きだったのに

 

ものすごい変わりようです。

 

ひとまず休憩用にと、おにぎりとゼリーだけは持たせました。

 

エプロンと筆記用具を準備し

いざ出発!!!

 

不安と緊張と、でも笑顔の兄者は

バイクに乗って

「じゃ、行ってきます」

と軽くタッチして出ていきました。

 

バイクで走り去る背中を見ながら

 

どうかうまくいきますように

いい人たちに恵まれますように

楽しくお仕事ができますように

お腹が痛くなりませんように

笑顔で帰ってきますように

 

ものすごく欲張りな願いを込めている

自分に苦笑してしまいました。

 

職場まではバイクで20分足らず。

距離としてはちょうどいいくらいでしょう。

 

ドキドキしながら、兄者の帰りを待ちました。

 

 

夕方。

「ただいま-!!!」

元気いっぱいの声と

満面の笑みで帰ってきた兄者

 

そこから仕事場の様子

先輩や上司、社長さんたちの話

 

まぁしゃべるわ、しゃべるわ

40分近く話し続けていました(笑)

 

一段落したところでようやくお風呂に入り

夕食後、その日は早々に布団に入っていました。

 

『良かった-』と思う気持ちと

『いやいや、まだ油断できん』という警戒心(-_-;)

 

そんな私の気持ちとは裏腹に

 

翌朝も兄者は元気に起きてきました。

 

本当に

正直

目を疑いました

 

奇跡がおきたのです