不登校から見えてきた未来 by 子連れ狼旅日記

自宅警備員中の息子とアラフォー母の転職記

中学校時代~先生との想い出~

楽しかった学生時代

 

想い出の1ページには

いつも寄り添って下さる

いろんな先生の姿があった

f:id:hikaru-ko:20200916095500j:plain

兄者の中学校時代

部活動の存在意義はとても大きく

やはり途中不登校になった時期も

支えになったのはチームメイトと恩師の存在でした。

 

彼を彼のまま

ありのままに受け止めてくれる

 

怒られることも数多く

でもその中にも先生の愛情がみえるので

子供たちも保護者も

皆とても仲が良い最高の時間でした。

 

ある夏の日

先生から「みんなで釣りに行こうや」とご提案がありました。

 

当時3年の先輩も引退したばかり

チーム内は全員初心者のへっぽこ集団の集まりでしたが

どうにか試合にも出られるようにはなってきていました。

 

聞けば先生自らが船舶免許をお持ちで、釣り船もあるとのこと。

すげ-。

しかもメンバーは男の子ばかり。

みんな「行く!行く!」とキャッキャと喜びました。

 

当日、部員5人(少なっ)の家族も全員

保護者も弟妹も一緒にいざ船釣りへ!!!

 

無人島とは聞いてはいたものの

 

本当に何もない無人

 

いや、甘く見てました(;'∀')

 

水もトイレもライフラインが何もないところというのは

本当にキビシイ(女子部員いなくてよかった)

 

皆けっこういい歳したママたちなので

割と平気に岩陰でトイレをしてましたが(笑)

 

子供たちは先生の釣り船に乗り、あちこち移動しながら

釣りを楽しんでいました。

 

もう一人、顧問の教師が同行され

こちらは弟組を連れて

陸に近い筏(いかだ)と呼ばれる浮いた釣り場の上で

それなりに楽しんでいました。

 

一方、無人島組。

カンカンと照り付ける日差しの中

参加してくれたパパさんが日よけテントを張って下さったおかげで

なんとかいられたものの

 

暑い

暑い

とにかく暑いι(´Д`υ)アツィー

 

海で泳ぐわけにもいかず

 

家から作ってきた冷やしきゅーりが

とんでもない人気でした♬

 

これ割りばし刺すのがめんどいですが

漬け込むだけなので超カンタン


【キャンプ飯】お祭りで売ってるキュウリ一本漬けの作り方【熱中症対策・簡単レシピ】

 

『あービール飲みた~い』とみんなで言いながら

お魚をひたすら待つ。

 

そのあと釣ったいろんなお魚をメインにバーベキュー。

他にもイカ釣り帰りのパパさんが合流して

刺身を用意してくださったりと

豪華なお昼になりました。

 

帰りの記念写真がもうみんな暑さと疲れでげっそりしてて(笑)

 

でも今でも忘れられない、最高の思い出です。

 

私が高校生の時も

友達数人を連れて、登山に連れて行って下さった先生がいました。

 

担任でも部活動の顧問でもない先生が

JKと一泊旅行。

今では到底無理ですよね。

 

でも登山が趣味だった先生は

「山はいいぞ!一度行ってみよう」と

私たちの登山グッズまで準備してくださり

初心者向けではありましたが

登山に野営のテント、キャンプ飯などを体験させてくれました。

 

本当にきつくてみんな半泣きでしたが

それでも《雲海》を見たのは初めてで

ものすごく感動しました。

 

以外にめちゃくちゃな体験ほど

子供心に鮮烈に残ってるもので

 

今でもあの時連れて行ってくださった先生には感謝です。

 

 

いろんな体験をさせてくださった先生方。

 

私たちに

子供たちの心に

いつまでも忘れられない

一生の思い出を

ありがとうございます。