不登校から見えてきた未来 by 子連れ狼旅日記

自宅警備員中の息子とアラフォー母の転職記

不登校になって~働くことは生きる事~

私も高校生時代、バイトをしていた

 

お金を稼ぐ大変さ

接客の難しさと面白さ

 

学ぶことは多い

f:id:hikaru-ko:20200801225742j:plain

4月末から弟君の

新聞配達のバイトがスタートしました。

 

  • 4時に起床、軽めの朝食をとって準備

  • 4時半に販売店

  • タイムカードを押す

  • 広告などは”折り込み機”と呼ばれるものへ(ほとんどすでに準備してあるらしい)

  • エリアごとに分けられた新聞の束を自転車に積み込み出発

  • 自宅近くの34軒が割り振り区域

  • 広告不要の家、ポストではなく倉庫に置くなどに注意しながら廻る

  • 配布終わったら販売店に戻り、タイムカードを押す  

 

緊張しながらキコキコ自転車をこいで

まだ暗い時間に出発して行きました。

 

最初数日は、面接した所長さんがいらっしゃったそうで。

 

そういえば面接のとき

「夜中まで起きてて、そのまま寝ないでくる子いるけど?」

と聞かれてました。

弟君は

「いえ、僕は寝ないと無理なので」

と答えてましたが。

 

ちゃんと来れるか、やっぱり心配しますよね(;^ω^)

 

最初の1週間は、ベテランの先輩が

一緒に行って配布先を確認しながら

注意事項を教えてくれたそうです。

 

それがバイクらしく。

自転車でついていくのに必死だったと(笑)

 

「あんなに必死でこいだことなかったわ・・・」

 

1週間後からは、配布は一人です。

最初こそ少々時間がかかってましたが、

大体1時間くらい。

 

6時前に帰ってきて、何かまた軽く食べてから

1時間ちょい寝ます。

 

朝はちゃんと自分で起きてくる弟君。

手がかかりません。

 

1度だけ、弟君も私も目覚ましをかけ忘れ

売店から電話がかかってきたことがありました・・・

 

猛烈ダッシュで、

なんとかギリ間にあったようでした(;・∀・)

 

一人で廻るため、誰に気兼ねもしなくてよく

思っていた以上に弟君には合っていたようです。

 

所長さんが週に1回

お休みを日曜日にしてくれました。

この日だけは弟君も、

私もゆっくり眠れる。

 

さすがに雷雨の時や、

大雨警報で近くの川が増水してるときだけは

私が車を出しました。

 

甘いかな、とも思いましたが

九州豪雨の際、新聞配達の方が事故にあわれたこともあり

そこは仕方がないのかな、と思うことに。

 

それ以外はカッパを着て行ってます。

 

また父も朝から起きて見送り、

一緒に帰ってくるのをお茶を飲みながら

待っていたりしました。

 

「よくやってるよ。俺ならしきらん」

感心してよく言っていました。

 

朝早起きしなくてはいけないため

夜は必然的に早く寝るようになりました。

 

ゲームをしていても

「俺朝早いから」と離脱してきちんと寝るように。

 

安心しました。

 

バイトを勧めた手前、また暗いうちに出ていくこともあり

私も4時起きの毎日に。

 

送り出した後、弁当や味噌汁を作ったり

色んな用事も朝からできるため

これはこれで、いいのかもしれない。

 

でもやっぱ

眠い・・・(ノД`)・゜・。

 

朝早くても

炊きたてのご飯にこれだけでイケます♬

冷凍しておくと

いつでも使えて便利。

パスタにも使いやすくお勧めです(^▽^)/