不登校から見えてきた未来 by 子連れ狼旅日記

自宅警備員中の息子とアラフォー母の転職記

不登校になって~新しい道~

見方を変えてみる

 

色々な可能性に

かけてみる

f:id:hikaru-ko:20200613165125j:plain

兄者の進路

焦らない、とはいうものの

放っておく、というのとはまた別で

 

興味を持つのではないか

合っているのではないか

 

そういった進路先のパンフや資料は取り寄せて

兄者と話し合ったり

就職に関しては

先生に相談したりと

模索の日々でした。

 

もともと機械や技術系も好きだったため

就職と専門学校の中間のような

大学校というものが目につきました。

 

何より、学費が安いのにびっくり。

寮もついていて、こちらも安心。

 

色んな資格が取れるのは

専門学校の魅力です。

もちろんいきなり社会に勤めに出るのもいいですが

やはり資格を持っているのは強い。

そして勤めだすと、なかなか勉強したり

資格取得の時間は取りづらくなります。

学生のうちが一番習得しやすく

就職にも有利です。

 

そんなこんなで候補の一つとして見ていた学校ですが

パンフを見ていると

ホテルビジネス科というのが目に入りました。

 

おやっ

 

医療、福祉とも全く違い

機械や技術系ではないけれど

これはこれで、良くないかい?

 

兄者は人のお世話をしたり

面倒をみたりするのが得意です。

また、ボランティアというか、

そういうものは惜しみなく頑張れます。

 

ホント言うとも少し自分の事にも

一生懸命になれるといいんだけど(;^ω^)

 

私に言わせると

人へのサ-ビス精神は旺盛です。

そして人が喜ぶことは、面倒でも進んでやります。

 

兄者はホテルマンに向いている。

 

そう思ったのも、私自身が最初に勤めたのが

日航系のホテルだったからです。

 

おもてなしの心や

人への心遣いや、細かい気づきが求められる仕事です。

 

何より、学校がとても魅力的でした。

 

なんてったって

沖縄にあるんだもん!!!

 

何度か沖縄を訪ねたこともあり、

自然や景観や文化もですが、

沖縄の人たちの温かさがとても心に残っていて

大好きな場所です。

 

もう、自分の希望になってる(笑)

 

でも遠く離れた沖縄という新しい土地で

新しいことを始めるのは

とっても良いように思えました。

 

兄者に見せながら説明すると

珍しく興味を持ってきました。

 

お。行けるかも。

 

ちょっと考えてみない?というと

素直にうなずいていました。