不登校から見えてきた未来 by 子連れ狼旅日記

自宅警備員中の息子とアラフォー母の転職記

不登校になって~怒涛の夏休み~

色んな事が

ありすぎた夏でした

f:id:hikaru-ko:20200428213230j:plain

兄者のことと

父の看病の事があり

会社を辞め、家に居た夏休みでした。

 

そうはいっても

ほぼ毎日

父のリハビリ先にいっていたので

なんやかんやと

毎日慌ただしく過ごしていました。

 

それでも

家族の側に居られることは幸せです。

 

 

夏休みも後半

父も無事退院し

自宅療養と通院に切り替えました。

 

手術で胃を全部取ってしまったため

食事には気を使いました。

 

それでも

胃がなくてもご飯が食べれること

胃がない状態に、体のほうが段々と慣れていくこと

 

人間てすごいなぁとしみじみ思いました。

 

兄者も新しい学校へなじみ始め

心療内科への通院も徐々に減っていきました。

 

落ち着いた日常を取り戻したのもつかの間

今度は、弟君の学校で

なんと先生が問題を起こしました。

 

www.kozure-ookami.xyz

ショックでした。

 

一番多感な時期の子ども達は

心底きつかったと思います。

 

また受験生でもあった弟君はじめ

子ども達が心配でした。

 

この頃から

中学校、先生方への信頼が

ガタガタと音をたてて崩れていきました。

 

 

学校だから大丈夫ではない。

先生も信頼できない。

 

同じ思いを、子ども達も抱えているのが分かり

不信感が募っていきました。

 

 

それでも家庭では、楽しく過ごしたいとの思いと

手術を頑張った父へのご褒美に(笑)

家族みんなで釣りと旅行へ行きました。

 

夏休みの最終日。

 

初めて釣り船をチャーターし(漁船ですが)

思いっきり釣りを楽しみました。

 

船酔いがする主人は

一人寂しく陸で釣りをしてました・・・

 

船は船長さんたちが

あちらこちらとスポットを変えてくれ

 

もうクーラーボックスに入りきれないほどの大漁!!!

 

魚をさばくのが苦手な私は

あらかじめ手配しておいた宿に持ち込み、

料理してもらうことに・・・(*´ω`*)

 

子ども達も自分が釣った魚に大興奮。

食べきれないほどの豪華な魚料理を満喫しました。

 

やはりこういう自然体験は、大事ですね。