不登校から見えてきた未来 by 子連れ狼旅日記

自宅警備員中の息子とアラフォー母の転職記

不登校になって~料理教室~

学校へ元気に行く姿が

 

何より嬉しい

f:id:hikaru-ko:20200425000835j:plain

夏休みなので、授業もなく

ぼちぼち慣れてくれればいいな、ぐらいのスタートでした。

 

先生はそれぞれ科目ごとの担当が1人づつで

分からないことは個別に聞けるようでした。

 

学年ごとに1クラスづつですが

人数も限られているため

すぐに他の学年の子たちとも仲良くなれてほっとしました。

 

丸1日いるわけでもないので

お弁当も特に持たせていませんでしたが

 

帰ってくるのがけっこう夕方近くで。

 

お昼はどうしているのか聞くと

ほぼ毎日先生と一緒に作っていると(笑)

 

学校菜園であれこれ作っていたり

自炊?に近いくらい

先生とみんなで

料理教室が夏休みの間は

開催されていました。

 

ほのぼのとしていて

とってもいいなぁと感じました。

 

生徒も皆大人しく、優しい子達ばかりで

聞くと

みないい意味で、お互い距離感を持って接してるようです。

 

好きなことや、アニメ、ゲーム等で

盛り上がりもしますが

踏み込みすぎたり、また言葉も考えて話をする。

 

バカなヤジや、中傷や悪口を簡単に言わない。

 

みんな言われたくないこと、

言ってはいけないことを知っています。

 

精神的にとても大人なのを感じました。

 

「安心していられる」

兄者が笑顔で嬉しそうに話してくれ

改めてこの学校へ来てよかったと

心から思いました。