不登校から見えてきた未来 by 子連れ狼旅日記

自宅警備員中の息子とアラフォー母の転職記

不登校~学校アンケートの結末~

反省の色なし

多感な時期
受験を控えた子どもたち

何も思わない
責任感のない学校
f:id:hikaru-ko:20200405210758j:plain

そんなこんなの2学期末に
問題続出の学校から
学校評価アンケート』なるものが
配られました。

『信頼される開かれた学校づくり』
『学校運営面の改善』
等々が目的で

毎年実施されていましたが
あまり重要視しておらず
毎回それなりに考えて一応答えていました。

今年は気になり、結果をみてみると
昨年度より
生徒は『児童生徒理解』
保護者は『授業力向上』『教育方針』『家庭や地 域との連携』『充足感』
が著しく下がり
生徒、保護者は17項目全てが
100に対して60~78の結果に

それに対して
学校評議員は100
教職員は94
各項目に至っては100がほとんど。

…どこ見たらこんな結果になるのか。
愕然としました。

学校は一切反省も、問題点もとらえていない。

『結果を真摯に受けとめ、
襟をただして頑張っていきます』
だって。
いや、こりゃダメだわ…